海峡を越えた神々 - 川村湊

海峡を越えた神々

Add: akizo36 - Date: 2020-11-26 01:48:21 - Views: 2852 - Clicks: 7416

【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】。【中古】 海峡を越えた神々 アメノヒボコとヒメコソの神を追って / 川村 湊 / 河出書房新社 単行本【メール便送料無料】【あす楽対応】. 海峡を越えた神々 アメノヒボコとヒメコソの神を追って 川村湊/河出書房新社 /08出版 222p 20cm ISBN:NDC:164. 朝鮮神話の根幹をなす日光感精神話から始まり、日韓の海峡を往還した神々の系譜をダイナミックに追う渾身の書き下ろし。 海峡を越えた神々 / 川村 湊【著】 - 紀伊國屋書店ウェブストア. 『海峡を越えた神々 ~ 』 - 河出書房新社、年.

柳美里 - 川村湊 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなの. 『川村湊自撰集』全5巻 - 作品社、~16年. (3)『音は幻』(1987年) 4. 『アジアという鏡―極東の近代』(思潮社1989年) 5. ^ 川村湊『村上春樹はノーベル賞をとれるのか?』光文社新書、年、pp. 毎日新聞 (年8月31日). 『マザー・アジアの旅人 シンクレティズム紀行』人文書院1992 10.

12-13。 ^ “川村亜子さん66歳=翻訳家”. カイキョウ オ コエタ カミガミ : アメノヒボコ ト ヒメコソ ノ カミ オ オッテ. 滋賀の百祭 正 大塚虹水∥著 京都新聞社 1990年 S-3800-1 p. (2)『批評という物語』(1985年) 3. 海峡を越えた神々 アメノヒボコとヒメコソの神を追って/川村 湊(歴史・地理・民俗) - 新羅からの渡来神アメノヒボコは、神器とともに武力を携え、さまざまな文化を日本にもたらした。.

川村湊/著 古事記の恋 清川妙/著 創られたスサノオ神話 山口博/著 日本神話の深層心理 : アマテラス. 海峡を越えた神々 アメノヒボコとヒメコソの神を追って/川村湊 の商品説明 【内容紹介】 天孫降臨神話は、伽耶の首露王神話の焼き直しである。 ―新羅からの渡来神アメノヒボコ(ツヌガアラシト)は、神器とともに武力を携え、さまざまな文化を日本に. Amazonで川村 湊の海峡を越えた神々: アメノヒボコとヒメコソの神を追って。アマゾンならポイント還元本が多数。川村 湊作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 『文学史を読みかえる(5)「戦後」という制度――戦後社会の「起源」を求めて』(インパクト出版会, 年) 4. 『南洋・樺太の日本文学』(筑摩書房1994年) 11. (山折哲雄)『宗教のジャパノロジー――シンクレティズムの世界』(作品社, 1988年) 2.

(1)『異様の領域』1983年) 2. See full list on weblio. 川村湊 海峡を越えた神々 アメノヒボコとヒメコソの神を追って : 川村湊 | 海峡を越えた神々 - 川村湊 HMV&BOOKS online本サイトはJavaScriptを有効にしてご覧ください。.

『ソウルの憂愁』草風館 1988 4. 『海を渡った日本語―植民地の「国語」の時間』(青土社1995年) 12. 海峡を越えた神々 : アメノヒボコとヒメコソの神を追って. 海峡を越えた神々 アメノヒボコとヒメコソの神を追って - 川村湊/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. (4)『隣人のいる風景』(1992年) 1. 『海峡を越えた神々 アメノヒボコとヒメコソの神を追って』河出書房新社 『 川村湊自撰集 』全5巻 作品社、-16 第1巻 古典・近世文学編. 3 海峡を越えた神々 川村湊∥著 河出書房新社. 『「大東亜民俗学」の虚実』(講談社選書メチエ 199.

海峡を越えた神々 : アメノヒボコ. 『言霊と他界』(講談社、1990年、講談社学術文庫年) 8. (成田龍一・上野千鶴子・奥泉光・イ・ヨンスク・井上ひさし・高橋源一郎)『戦争はどのように語られてきたか』(朝日新聞社, 1999年) 5. 北海道網走市生まれ。北海道砂川南高等学校を経て、1974年法政大学法学部政治学科を卒業、株式会社大中入社。大学在学中には、柄谷行人の教えを受けた。1978年株式会社水産社入社。1980年、「異様(ことよう)なるものをめぐって─徒然草論」が群像新人文学賞の優秀作に選ばれ、文芸評論家として活動を開始。1982年韓国・東亜大学校文科大学日本語日本文学科専任講師、1985年同助教授、1990年法政大学第一教養部助教授を経て1994年教授、1999年法政大学国際文化学部教授。国際文化学部長。年退任し、名誉教授となる。 古典文学に関する評論での群像新人賞の入選は唯一のことで、古典と近代をともに論じる文芸評論家として出発したが、次第に朝鮮・韓国文学や文化にも手を広げ、左翼的立場をとって福田和也や坪内祐三と論争を行い、丸谷才一の『恋と女の日本文学』について、中国にも女が救われる物語はあると批判した。朝鮮文化や映画については、四方田犬彦からたびたび批判を受けている。 村上春樹については、初期・中期の作品に高い評価を与えつつも、『ダンス・ダンス・ダンス』以降の作品に対しては進歩が見られないとして批判的である。なお、Wikipediaにおいて自身が村上春樹擁護派であるように記載されていたことに言及し、正確な記述ではないと述べている。 1991年、湾岸戦争への自衛隊派遣に抗議し、柄谷行人、中上健次、津島佑子、田中康夫らとともに『湾岸戦争に反対する文学者声明』を発表した。 1993年から年3月まで17年間にわたり毎月、毎日新聞に文芸時評を連載。平野謙の13年の記録を破った。 妻は翻訳家の川村亜子(1951年 - 年)。法政大学文学部日本文学科卒で、1982年から86年まで韓国の東亜大学で教えた。 長男の川村ミサキはIT企業の経営者。. 海峡を越えた神々 アメノヒボコとヒメコソの神を追って 河出書房新社 年8月30日 (ISBN:震災・原発文学論.

9(その2) 所 在 県立. 法政大学出版局. 海峡を越えた神々の本の通販、川村湊の本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonで海峡を越えた神々を購入すれば、ポイントが貯まります。本の通販 mibonでは人文書の本 新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます。. 『ふるさと文学館 海外編』 (ぎょうせい、1995年) 2. 副題:アメノヒボコとヒメコソの神を追って ☆おもしろいね。古代は韓国と日本(倭)の国の交流がある。筆者は、韓国→倭という流れとしているが。 書籍情報入手先 ☆☆☆☆☆ 『今月読む本』. 河出書房新社「海峡を越えた神々 アメノヒボコとヒメコソの神を追っ」を買うなら、とらのあな成年向け通販!9,000円以上. 『紙の中の殺人』河出書房新社1989 6.

『中島敦――父から子への南洋だより』(集英社, 年) 3. (網野善彦・吉本隆明)『歴史としての天皇制』(作品社, 年). 北海道 網走市生まれ。北海道砂川南高等学校を経て、1974年 法政大学 法学部 政治学科を卒業、株式会社大中入社。. 『近世狂言綺語列伝 江戸の戯作空間』福武書店1991 9. 『「大東亜民俗学」の虚実 (講談社選書メチエ)』(川村湊) のみんなのレビュー・感想ページです。作品紹介・あらすじ:昭和十八年、柳田国男は日本という中心から放射状に広がる研究の輪、「大東亜民俗学」の建設を構想した。. 書籍名: 海峡を越えた神々: アメノヒボコとヒメコソの神を追って: 著者: 川村湊: 出版社: 河出書房新社, : isbn:,.

川村 湊(かわむら みなと、1951年 2月23日 - )は、日本の文芸評論家、法政大学 国際文化学部名誉教授。 来歴・人物. 『戦争の谺:軍国・皇国・神国のゆくえ』 - 白水社、年. データベースの目的 本データベースは『古事記』に登場する地名の要点をまとめてインターネット上で閲覧できるようにし、国内外の研究者だけでなく、広く一般の古典文学愛好者も『古事記』の世界をより深く理解することのできる手引きとなるよう作成したものである。. 『戦後文学を問う―その体験と理念』(岩波新書 1995年) 13. 日本史, 地図, 世界史, 地理・地域研究, 歴史学, 考古学 の優れたセレクションからの 本 のオンラインショッピングなどを毎日低価格でお届けしています。. 海峡を越えた神々 : アメノヒボコとヒメコソの神を追って: 著者: 川村湊 著: 著者標目: 川村, 湊, 1951-出版地(国名コード) jp: 出版地: 東京: 出版社: 河出書房新社: 出版年月日等:. 『思想読本(6)韓国』(作品社, 年). 海峡を越えた神々 - アメノヒボコとヒメコソの神を追って - 川村湊 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!.

著者「川村湊」のおすすめランキングです。川村湊のおすすめランキング、人気・レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! プロフィール:文芸評論家。法政大学国際文化学部名誉教授。著書『補陀落』(作品社/. 1 税込&92;2,420 品切れ 16. 吉田敦彦/著 渡部昇一の古事記 渡部昇一/著 とんでもなく面白い『古事記』 斎藤英喜/監修 神々のから. 『川村湊評論集』全4巻 国文社 1. 川村 湊 - 春秋社 ―考える愉しさを、いつまでも. 杉田俊介, 櫻井信栄編 ; 川村湊編集協力. (網野善彦)『列島と半島の社会史――新しい歴史像を求めて』(作品社, 1988年) 3.

年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。 年9月2日 閲覧。. 12 対抗言論 : 反ヘイトのための交差路 / 杉田俊介編 ; 櫻井信栄編 1号. 海峡を越えた神々 川村 湊 河出書房新書 年6月20日 ムシの考古学 宮田哲男 ㈱雄山閣 年8月24日 金属が語る日本史. 川村 湊(かわむら みなと、1951年2月23日 - )は、日本の文芸評論家、法政大学国際文化学部教授。目次1 来歴・人物2 受賞歴. 『「酔いどれ船」の青春―もう一つの戦中・戦後』(講談社1986年) 2.

海峡を往還する神々 関裕二 php文庫 年3月2日発行 聖徳太子の秘密 「聖者伝説」に隠された実像に迫る 関裕二 php文庫 年11月4日発行 なぜ『日本書紀』は古代史を偽装したのか 関裕二 じっぴコンパクト 年7月21日発行 ここまで解けた! 8: 大きさ、容量等: 222p ; 20cm: 注記 文献あり isbn:: 価格: 2200円: jp. 河出書房新社,. 『異郷の昭和文学―「満州」と近代日本』(岩波新書1990年) 7. 『紙の砦―自衛隊文学論』- インパクト出版会、年. 『わたしの釜山』(風媒社1986年) 3. (松山巌、宇野亜喜良)『ミステリー・ランドの人々』 (作品社、1989年) 4. 162 5 新編日本古典文学全集 2 日本書紀 1 小学館 1994年 G-9180-2 p.

研究者「川村 湊」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。.

海峡を越えた神々 - 川村湊

email: [email protected] - phone:(495) 765-3172 x 3666

儲かる493-しくみ- 馬・騎手・調教師の3着内確率に着目! - 香田賢勝 - 文学のレッスン 丸谷才一

-> 手のリウマチの画像診断 - G・ガーラスキ
-> いい加減にしろ!外務省 - 濤川栄太

海峡を越えた神々 - 川村湊 - 清朝史通論 内藤湖南


Sitemap 1

Health of Mind 20 Do’s and 20 Don’ts - ピーター・ミルワード - 図書啓展 モジュール学習プリント