黄金の眼に映るもの - マッカラーズ

マッカラーズ 黄金の眼に映るもの

Add: ysije74 - Date: 2020-12-16 10:27:32 - Views: 5831 - Clicks: 8849

See full list on wpedia. マッカラーズ『黄金の眼に映るもの』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約6件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. ゴールディング / 小川和夫訳. 女流作家カーソン・マッカラーズが1941年に発表した小説『黄金の眼に映るもの』(原題: Reflections in a Golden Eye)をジョン・ヒューストンが映画化。マーロン・ブランド、エリザベス・テイラーという当時の二大スターが共演した映画である。この作品は. (その様子は)麻痺ではなく、むしろ臆病な動物の震えだった。しかし、カーソン・マッカラーズが立ち向かった人生の中で、その態度には怯えも弱さもなかった. "The Ballad of the Sad Cafe"(1951) 短編集。 2. 黄金の眼に映るもの: マッカラーズ著.

1935年彼女はノースカロライナ州に移り、1937年にリーブス・マッカラーズと結婚した。そこで初の小説である『心は孤独な狩人』が書かれた。南部ゴシックの傑作である。このタイトルは、彼女の編集者がフィオナ・マクラウド(Fiona MacLeod)の詩「The Lonely Hunter」からとってきて提案したものだった。この小説はアンチ・ファシスト本として理解されている。合計で彼女は8冊の本を出している。23歳のときに書かれた『心は孤独な狩人』(1940)、『黄金の眼に映るもの(原題:Reflections in a Golden Eye)』(1941)、そして『結婚式のメンバー(原題:The Member of the Wedding)』(1946)は最もよく知られている作品である。短編小説集『悲しき酒場の唄(原題:The Ballad of the Sad Café)』(1951)もまた、孤独や報われない愛の痛みを描いている。彼女はニューヨークのサラトガ・スプリングズにあるヤドー(Yaddo、アーティストのコミュニティー)の同窓生だった。 『心は孤独な狩人』は1968年にアラン・アーキン主演で『愛すれど心さびしく』として映画化された。『黄金の眼に映るもの』は1967年にジョン・ヒューストン監督により『禁じられた情事の森』として映画化され、マーロン・ブランドとエリザベス・テーラーが出演した。のちにヒューストン監督は次のように語っている。「わたしが初めてカーソン・マッカラーズに会ったのは、第二次大戦中のことで、ニューヨークの北部にポーレット・ゴダードとバージェス・メレディスを訪ねたときだ。彼女はすぐ近くに住んでいて、ある日散歩していると、彼女は自宅の戸口からわたしたちを歓呼して迎えてくれた。そのとき彼女は20代前半だったが、すでに最初の(脳)卒中を起こしていた。. "Clock Without Hands"(1961). 宮本陽吉訳 (世界の文学 : 新集, 44) 中央公論社, 1971. マッカラーズ Format: Book Responsibility: 小川和夫訳. "The Square Root of Wonderful"(1958) 戯曲。 3. 黄金の眼に映るもの - カーソン・マカラーズ - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 黄金の眼に映るもの / マッカラーズ 著 ; 田辺五十鈴訳 Format: Book Reading of Title: オウゴン ノ メ ニ ウツル モノ Language: Japanese Published: 東京 : 講談社, 1975. ゴールディング.

『心は孤独な狩人 (新潮文庫)』や『結婚式のメンバー (1972年)』や『黄金の眼に映るもの (講談社文庫 ま 24-1)』などマッカラーズの全5作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。. "Reflection in a Golden Eye"(1941) 3. 「黄金の眼に映るもの」 カーソン・マッカラーズ著 田辺五十鈴訳 講談社文庫 講談社刊 を読む。 アメリカ南部の平時の駐屯地を舞台にした、文庫で140ページほどの中編小説。.

マッカラーズ / 宮本陽吉訳 監修: 伊藤. マッカラーズ 資料種別: 図書 責任表示: 小川和夫訳. 出版社:講談社タイトル:黄金の眼に映るもの作者:カーソン・マッカラーズ 訳:佐田辺五十鈴サイズ:文庫状態:昭和50年月初版。イタミ・ヤケやすい本ですが、特にイタミヤケ無くキレイ。ただ小口に大きめのシミヨゴレ、生物系のでは無さ. 軍駐屯地の異常な人間関係を扱った《黄金の眼に映るもの》(1941),12歳の少女の不安定な心理を描き,後にみずから脚色してブロードウェーで成功した《結婚式の参列者》(1946),大女と2人の男の三角関係の物語《悲しい酒場の歌》(1951)など,いずれも肉体的. 」。.

カーソン・マッカラーズの小説が映画化されたと知ったのは、映画雑誌でエリザベス・テイラーの新作が「金色の眼に映るもの」だと読んだときだった。それは映画雑誌の編集者が原題から訳したものらしく、その小説は「黄金の眼に映るもの」という. 宮本陽吉訳. 4 形態: 480p, 図版2枚 ; 18cm 著者名:. 「黄金の眼に映るもの」カーソン・マッカラーズ著田辺五十鈴訳講談社文庫講談社刊を読む。アメリカ南部の平時の駐屯地を舞台にした、文庫で140ページほどの中編小説。決して長くはないのだが、そのサイズの中に展開されている物語は、唸るほど濃密で、少なくとも倍の長さの小説を読んだ.

新集世界の文学44「後継者たち」「自由な顚落」「黄金の眼に映るもの」 ¥ 3,000 (送料:¥520~) ゴールディング、マッカラーズ 、中央公論社. 黄金の眼に映るもの カーソン マッカラーズ 講談社文庫(ヤフオク! )は12件の入札を集めて、/09/20 20:04に落札されました。. ルーラ・カーソン・スミスは、1917年ジョージア州コロンブスの中産階級の家に誕生した。彼女の母は、大農園所有者で南部同盟の英雄の孫娘である。父はフランスユグノーの血すじの時計職人で宝石商だった。彼女は5歳からピアノのレッスンを受け、15歳のときに父からタイプライターをもらった。 2年後、彼女はピアノの勉強のため、ニューヨークのジュリアード音楽院の音楽部門に送られたが、授業料のために取っておいたお金をなくしてしまって、1度も学校へは通わなかった。下働きをしながら、ワシントン・スクウェア・カレッジと、コロンビア大学の夜間クラスでテキサス出身の作家ドロシー・スカボローのもとで創作を学んだ。作家になる決意をし、1936年自叙伝「Wunderkind」をストーリー・マガジン(Story magazine)から出版した。音楽の才能がある人物と思春期の不安が描かれている。. マッカラーズ著 ; 田辺五十鈴訳 (講談社文庫) 黄金の眼に映るもの - マッカラーズ 講談社, 1975. 宮本陽吉訳 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 中央公論社, 1971.

Amazonでマッカラーズ, 田辺 五十鈴の黄金の眼に映るもの (講談社文庫 ま 24-1)。アマゾンならポイント還元本が多数。マッカラーズ, 田辺 五十鈴作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 彼女の結婚はうまくいかなかった。彼ら夫婦はどちらもホモセクシャルの関係だった。マッカラーズとリーブスは1940年に別居し、1941年に離婚した。彼女がリーブスと別れたあと、ニューヨークへ移り、ハーバース・バザーの編集者ジョージ・デイビスと同居した。ブルックリンで彼女はアートコミュニティーのFebruary Houseのメンバーになった。彼らの友人にはW・H・オーデン、ベンジャミン・ブリテン、ポール・ボウルズと夫人のジェーンがいる。第二次世界大戦後、彼女はほとんどパリで過ごした。このころの彼女の親しい友人にはトルーマン・カポーティ、テネシー・ウィリアムズがいる。 1945年、マッカラーズとリーブスは再婚した。3年後、彼女が鬱病のとき、自殺を企てた。1953年、リーブスは彼女に心中しようと説得したが、彼女は逃げだした。彼女が彼のもとを去ったあと、彼らが住んでいたパリのホテルで、リーブスは睡眠薬の過剰摂取で自殺した。マッカラーズのほろ苦い戯曲「The Square Root of Wonderful」(1957)では、このトラウマ体験の調査を試みている。「The Member of the Wedding」(1946)は女の子の、兄弟の結婚のときの気持ちを描いている。この小説のブロードウェイ上演()は成功を収め、年9月にはロンドンのヤング・ヴィクにてプロデュースされた。 マッカラーズは生涯にわたっていくつかの病気とアルコール使用障害に苦しんだ。彼女は15歳にリューマチ熱にかかり、若いころから卒中を起こしていた。31歳のときには、左半身がすっかり麻痺していた。卒中の結果として生じる脳の大出血のあと、1967年9月29日ニューヨーク州ナイアックで亡くなった。死までの数ヶ月間、彼女は未完の自伝「Illumination and Night Glare」(1999)を口述した。. 『黄金の眼に映るもの』 田辺五十鈴訳(講談社文庫)、宮本陽吉訳(中央公論社) 『針のない時計』 佐伯彰一・田辺五十鈴共訳(講談社 のち講談社文庫) 『カーソン・マッカラーズ短編集 ~少年少女たちの心の世界~』 浅井明美訳 (近代文芸社).

オウゴン ノ メ ニ ウツル モノ. "The Heart Is a Lonely Hunter"(1940) 2. 宮本陽吉訳 言語: 日本語 出版情報: 自分の中に何か重々しいものが溜まってくる. 結局,抑制された感情は,別の方向へと表出し,発散されるか, あるいは溜まったところから溢れる. よくできた仕組みだと感心してしまう. 化学反応の法則みたいに感情の収支というものがあるのだろうか.. マッカラーズ 小川和夫訳.

黄金の眼に映るもの (講談社文庫)/マッカラーズ/田辺 五十鈴(文庫:講談社文庫)の最新情報・紙の本の購入はhontoで。. 黄金の眼に映るもの / マッカラーズ 著 ; 田辺五十鈴訳 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: オウゴン ノ メ ニ ウツル モノ 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 講談社, 1975. 著者 マッカラーズ ; 出版社 講談社; 刊行年 昭和50; ページ数 154頁; サイズ 文庫判; 冊数 1冊; isbn. マッカラーズ フォーマット: 図書 責任表示: 小川和夫訳. 【tsutaya オンラインショッピング】黄金の眼に映るもの/マッカラーズ tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!. "Illumination and Night Glare"(1999) 未完の自伝。死後に出版。. "Sweet as a Pickle and Clean as a Pig"(1964) 詩集。 4.

"The Member of the Wedding"(1946) 4. 黄金の眼に映るもの 講談社文庫 マッカラーズ 年3月9日. 9 形態: 154p ; 15cm 著者名:. 黄金の眼に映るもの: マッカラーズ著 ; 宮本陽吉訳. 「黄金の眼に映るもの」カーソン・マッカラーズ 講談社文庫 このオークションは終了しています このオークションの出品者、落札者は ログイン してください。.

「黄金の眼に映るもの」 カーソン・マッカラーズ (アメリカ) <講談社 文庫本> 【Amazon】 とある軍に配属されたウィリアムズ一等兵は、超然とした態度で人と交わらず、ある事件に関わる過去を隠していた。. 黄金の眼に映るもの 講談社文庫 マッカラーズ 年5月4日. "The Mortgaged Heart"(1972) 死後に妹リタに編集された。 5. 黄金の眼に映るもの カーソン・マッカラーズ マイノリティ、反ファシズムなど様々な面で批評される作家の作品です。 タバコで燻された海外文学や哲学の本をたくさん入荷しました。格安で販売しています。 黄金の眼に映るもの 講談社文庫 マッカラーズ. 9 Description: 154p ; 15cm Authors:.

/e237a3154/554 /17528 /21509-657 /12812-95

黄金の眼に映るもの - マッカラーズ

email: [email protected] - phone:(886) 219-7731 x 4620

ネオアジアスタイル romanticパープル - 関東軍全戦史

-> ベルグソン全集 笑い - ベルグソン
-> 和歌山県立桐蔭中学校 適性検査予想問題集A6 - カーサ・フェミニナ教育研究所

黄金の眼に映るもの - マッカラーズ - 復興法制 佐々木晶二 復興制度の解説


Sitemap 4

JALシティガイドマップ ホーチミンシティ/ハノイ<第3版> - オフィス・ポストイット - 日本規格協会 JISハンドブック